"旅"と"カメラ"と"メガネ"が好きな人

numalog

ストックフォト 使ってみた

【ストックフォト】Shutterstock(シャッター ストック)の特徴とは?

更新日:

ストックフォトで副業として収益を上げるために「Shutterstock(シャッター ストック)」に登録しました!

これからコツコツとストックフォトで利益をあげていければと思います。

 

ストックフォト Shutterstock(シャッター ストック)とは?

Shutterstockは、アメリカのストックフォトサービスです。そのため日本大手のPIXTAに比べて当然ですが日本の画像よりも海外の写真が多くなっています。ということは...日本の写真は貴重なので売れるチャンスです!

買う側からすると、1枚だけ購入ができず、「画像10点 / 月で¥3,500 / 月」等の定額制のなので少し困ります...なので実質1枚350円〜という感じです。
(最もお得なプランの場合は画像1枚あたり¥33になります。)

ストックフォト Shutterstock(シャッター ストック)特徴とは?

クオリティー(出品のしやすさ)

比較的高いクオリティーの写真が求められます!なので、ミラーレス等のある程度画質がいいもので撮影したものがマストです!個人的にはPIXTAよりも厳しい印象です。

使いやすさ(登録のしやすさ)

複数枚まとめ登録が可能なのでとても使いやすさは良いです!タグの候補機能も付いているので、初心の方もハードルが低いと思います。

ただ、アメリカのサービスなので英語でのタグ登録が必要なので英語が苦手な方にはとっつきにくいかもしれません。

収益(1枚あたり)

1ダウンロード0.25ドルぐらいなのでおおよそ25円です!

販売できるもの

写真 / イラスト / 映像 /音楽

 

ストックフォト Shutterstock(シャッター ストック)まとめ

日本のサービスではないストックフォトを始める選択肢の1つにはこれ!という感じです。

「Shutterstock(シャッター ストック)」は日本のメディア界隈ではとても有名なストックフォトサイトでもあるので登録しておく価値はあると思います。

ちなみに僕は出品した月に2枚売れました。

※基本英語なので、言語を日本語にすると見やすいと思います。

これからストックフォトを始めようと思う方はぜひ登録して見てください!登録はこちら→ 「Shutterstock(シャッター ストック)」

-ストックフォト, 使ってみた
-, , , , , , , ,

Copyright© numalog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.